会社情報

会社 情報

カンボジアJC国際航空有限公司は 2014年6月6日に工商登録を完了し、同年度の10月14日に建設承認を所得し、2017年3月17日に正式運営を開始しました。会社は登録資本金5000万ドル、投資合計が10億ドルと予定されています。

カンボジアJC国際航空は現在、5台の新しいA320旅客機を所有し、2025年に会社の飛行機規模が30台まで拡大される予定です。カンボジアJC国際航空は前後にして30本以上の国内外航路を運営し、飛行地がカンボジア、中国、タイ、インドネシア、中国台北、中国マカオなど国や地区を含めています。

カンボジアJC国際航空がカンボジア首都のプノンペンに投資や建設した本部ビルはPorsenchey区ロシア大道1679号地に位置し、全体建築面積が約23000平方メートルで、2019年末に使用開始予定です。シアヌーク港空港付近にある運営基地や飛行訓練センターは既に2017年に着工し、敷地面積が約11.2ヘクタールです。カンボジアJC国際航空における上記投資計画の実施により、カンボジアへ多くの就職ポジションを作り、更にカンボジアの経済や社会発展も促進することになります。

2019年8月現在、JC航空運営の航路

シアヌーク港=プノンペン シアヌーク港=シェムリアップ シアヌーク港=杭州 シアヌーク港=重慶 シアヌーク港=広州 シアヌーク港=深セン シアヌーク港=南寧 シアヌーク港=晉江 シアヌーク港=中国、マカオ
シアヌーク港=シェムリアップ=西安 シアヌーク港=バンコク シアヌーク港=武漢 シアヌーク港=廈門 シアヌーク港=南昌 シアヌーク港=西雙版納 プノンペン=シェムリアップ プノンペン=バンコク プノンペン=中国台北
プノンペン=成都 プノンペン-中国、マカオ=マンダレー シェムリアップ=重慶 シェムリアップ=中国、マカオ シェムリアップ=中国台北 シェムリアップ=西雙版納

カンボジアJC国際航空は 引続き航路ネットワークを拡大し、カンボジアを中心中枢として、南アジア、東南アジアなど地区を巡る航路を構築していきます。各国の旅客に寄り添い、行き届くサービスを提供するよう頑張っていきます。